アレルギー科

アレルギー科

アレルギーのイメージ

元町アレルギー科・小児科クリニックではSLIT(舌下減感作療法)をはじめ、お子様の各種アレルギー性疾患(気管支喘息、花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど)の診断と治療を行っております。

実際の治療に関しては患者さん個々のご要望をお聞きすることはもちろんですが、生活習慣や環境に適した治療法のご提案を心がけております。一つの例として学生さんの場合治療後、勉強中に眠くなって集中力が続かないといったご相談をよく伺います。そういった場合は眠くならない治療や処方を行い患者さんの私生活に支障が無いよう配慮いたしております。

アレルギー性疾患の原因となる抗原について、実は赤ちゃんの頃から生活環境に気を付けることでアレルギー体質になることを未然に防ぐことができます。アレルギー体質で大人になり喘息やアトピー性皮膚炎などで苦しい思いをさせないためにも、お父さん、お母さん、保護者の方々には予防のためのアドバイスについてご相談を承ります。

アレルギーの代表的疾患

以下、代表的なアレルギー症状についてご説明します。

気管支喘息

気管支喘息とは、呼吸のために大事な役割を担う気道が慢性的な炎症のため狭くなり、例えば冷たい空気を吸い込むといった刺激をきっかけに、咳やたんが出たり、喘鳴(ぜんめい)といって呼吸の度にぜーぜー、ひゅーひゅーと鳴る、とてもつらい病気です。
治療を行うことで回復していきますが、症状が繰り返すことも多いので予防や継続的な治療がかかせません。
症状としては軽い喘息と思っていても気道は炎症を起こしているので様子が疑わしいと感じた時は早めに治療を開始することが重症化の予防に繋がります。

花粉症

花粉症の原因として一般的に有名なものはスギ花粉症、イネ科花粉症、ブタクサ花粉症といわれています。
特にスギ、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、ヨモギなどは年々飛散量の増加が問題となっています。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主な症状となりますが、眼のかゆみや充血を伴うこともあります。
また、咳やのど、皮膚のかゆみ、頭痛、頭が重い、倦怠感、不眠、からだや顔のほてり、熱っぽい感じ、イライラ感など、全身にさまざまな症状がみられます。このようにつらい症状が多いことも花粉症の特徴といえます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は主に乳幼児期に始まることが多く、強いかゆみを伴う湿疹が現れ、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性的に経過していきます。
このかゆみに悩まされるため、患者さんにとっては気が滅入る、イライラするといった精神的ストレスが強く、特にお子様の場合には、そういったお悩みに対しても十分に配慮した上で治療を進めることが大切です。

食物アレルギー

食物アレルギーとは、ある特定の食べ物によるアレルギー反応によって過敏な症状を引き起こす病気です。
原因となる食物(食物アレルゲン)が口から入ると、消化管粘膜内でアレルギー性炎症反応が起きます。
その結果、消化管の透過性が亢進し、食物アレルゲンの吸収がさらに促され、皮膚や気管支でアレルギー症状が発症すると考えられています。

元町アレルギー科・小児科クリニック 元町アレルギー科・小児科クリニック

神奈川県横浜市中区元町2-99 
ジェイプラザ元町1階

tel.045-263-6101

ACCESS/みなとみらい線 元町・中華街駅 徒歩3分

日祝
9:00~12:00
予防接種/健診
(予約制)
14:00~15:00
15:00~18:00

休診日:水曜・日曜・祝日  土曜9:00~14:00

インターネット受付は診療終了の30分前までとなります。

平 日 / 11:30迄、17:30迄 土曜日 / 13:30迄